薄毛対策の方法

 

薄毛対策に有効となる育毛剤を選ぶ際は、含有されている成分に注目します。
育毛剤は血行促進作用がメインの効能となるのです。センブリエキスなどの生薬が有効成分として配合されています。
その他、医薬品のミノキシジルにも血管を拡張する作用があり、育毛を促進する効果があります。
また、頭皮の炎症や活性酸素を抑えるする作用や除菌作用のある植物エキスなども配合されています。

 

 

食事やサプリなどでビタミンB群やビタミンCなどを摂ることも大事です。
さらに、亜鉛などのミネラル成分を補給する事も書かせません。
育毛剤の使用に加え、食品やサプリにより栄養分を補給していく事が薄毛対策には欠かせません。

 

 

髪の毛はケラチンというタンパク質でできているので、タンパク質の摂取量を高める事が大事です。
肉類を摂取したり乳製品や魚などでもタンパク質は摂取できるのです。
大豆に含まれる植物性タンパク質も大切です。動物性タンパク質ばかりだと血液がドロドロになり、髪の毛の成長力が弱くなります。

 

 

大豆食品は、サポニンや大豆イソフラボンなどのポリフェノールが含有していて血行を促進する効果が期待できるのです。
そして、ホルモンバランスを改善して肌を綺麗にしたりする作用もあるので、大豆食品の摂取量を高めることが髪の毛を健康に保つ事になるのです。

 

 

そして、毛根で髪を作る時には亜鉛が必要になってきます。亜鉛はアミノ酸をタンパク質に合成する働きがあります。
豚のレバーや牡蠣などに多く含まれている亜鉛ですが、これを十分に摂取しておくことにより、コシのある太い髪の毛を成長させていくことが可能になるのです。

 

 

育毛剤の血行促進作用の力と食事で摂取したタンパク質やビタミン、ミネラル成分を毛根十分に供給していくことが薄毛対策には求められます。。

薄毛対策 DHT

薄毛治療の方法の一つに「ノコギリヤシのサプリメントを服用する」というものがあります。

 

薄毛の原因の一つに、ある男性ホルモンがが挙げられます。
男性ホルモンは主にテストステロンという物質でできています。

 

テストステロンには筋肉増大など体つきを男らしくするほか、決断力向上など脳にも影響を与えます。
そして、テストステロンを使って、5αリアクターゼという酵素がジヒドロテストステロン(DHT)を生成します。

 

 

このジヒドロテストステロンが薄毛の原因になります。
ジヒドロテストステロンが多すぎると以下のようなことが起こります。

 

・毛乳頭の受容体と結合し、脱毛因子によって髪を不十分な状態で抜けさせてしまう。

 

・皮脂腺の受容体と結合し、過剰な皮脂で毛穴を詰まらせる。肌荒れ、ニキビなどの原因。

 

 

髪が油っぽい人はジヒドロテストステロンが多すぎるせいかもしれません。
つまり、ジヒドロテストステロンを減らせば薄毛を治療できるということです。

 

ジヒドロテストステロンは毛乳頭のレセプターと結合することで、ヘアサイクルを短くしてしまいます。
その結果、中途半端な産毛が増加し、頭皮が透ける状態になり、薄毛が目立つようになります。

 

薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを減らすにはどうしたらいいでしょうか。
以下のような方法が考えられます。

 

・テストステロンを減らす。
・5αリアクターゼ酵素を抑制する。
・ジヒドロテストステロンを減らす。
・レセプターと結合させない。

 

 

なぜノコギリヤシのサプリメントが薄毛治療になるのかというと、ノコギリヤシの成分には、5αリアクターゼ酵素を抑制する効果があるためです。
あくまでも「抑制」なので、それほど薄毛治療の効果は高くありません。
より効果のあるプロペシアを服用する事も可能ですが、副作用の心配があります。

 

しかし、ノコギリヤシのサプリメントは安価であり、副作用もありません。
健康を維持したまま薄毛治療を可能とする、ノコギリヤシのサプリメントはいかがですか?

医薬品と育毛剤の違い

育毛剤はどれもが同じものだと思っている人は多いですが、実はくくりがあり、医薬品、医薬部外品、薬用と3つにわけることが出来ます。
それぞれに効能が異なりますから、しっかりこの辺りはチェックしてから育毛剤を選んだほうが利発的です。

 

 

 

・医薬品ってどんな育毛剤なの?

 

医薬品は医師の処方箋や薬局などでしか購入出来ないものとなっています。
臨床試験を経て、病気の治療、改善の効果が見られた状態であるものを医薬品と呼びます。
配合量や1回の使用量など、使い方も決まっており、副作用や安全性を労働省などが認め、県知事なども認めたものを医薬品と呼んでいます。
育毛剤の医薬品は殆どなく、ほぼ医薬部外品となります。

 

医薬品の育毛剤は副作用のリスクが最も高く、注意したい育毛剤でもあります。
薬剤師による販売のみの扱いになりますから、普通にドラッグストアなどでは手に入りません。
リスクが高いけれど、やはり効果はしっかりとしたものであるので、第一類医薬品と名前のあるものは育毛剤としての効果が確かめられていると断言出来ます。

 

医薬品で有名なのはフィナステリドとミノキシジルです。
フィナステリドはプロペシアが有名で、5αリダクターゼを阻害する治療薬です。抜け毛を引き起こすDHTの発生を防止します。
副作用には性欲減退や勃起不全などが報告されています。

 

ミノキシジルはリアップが有名です。血管を拡張する効果があり、毛乳頭を活性化します。
毛乳頭が活性化することで毛母細胞の働きを活発になり、髪の毛は成長します。
ミノキシジルの副作用には肌荒れ、血圧低下などが報告されています。

 

 

・医薬部外品は医薬品とどう違うのか?

 

医薬部外品が多い育毛剤は、効果があると認められている成分は入っているのですが、
使ったことによって必ず効果が保証されるというものではないという点が、医薬品と異なるところです。

 

血流改善作用のあるセンブリやニンジンなどの生薬エキス、炎症を抑えるグリチルレチン酸2k、
細胞活性化作用のあるアデノシン、6-ベンジルアミノプリンなどの成分が配合しれています。

 

育毛剤 人気

 

医薬部外品は全般に安全性が高く、緩やかな作用を持っています。
薬事法というもので、消費者に安全、安心なものを購入出来るように、ということで医薬部外品というくくりの中で育毛剤が販売されています。

 

 

 

男性ホルモン対策の育毛剤について

男性は何故薄毛になってしまうのでしょうか?実はこれは全て男性が持っている、男性ホルモンの働きにが大きな要因です。
ですから、男子に産まれたがために薄毛に悩むというのは仕方のないことなのかもしれません。

 

男性ホルモンは特殊酵素「5αリダクターゼ」によってDHTに変換されます。このDHTが抜け毛の引き金になります。
男性の薄毛対策を行うにあたってDHTの発生を抑える事が非常に重要です

 

 

 

・DHTを抑制するには?

 

DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されます。5αリダクターゼを阻害する治療薬にフィナステリドがあります。
フィナステリドを配合している薄毛治療薬がプロペシアと呼ばれる飲み薬です。

 

プロペシアは医薬品のため、医師に処方してもらう必要があります。
育毛効果がある薬として有名になっていますが、抗男性ホルモン作用があるので、抜け毛や薄毛の命令を出している男性ホルモンを抑制する作用を持っています。
基本的には6か月、半年以上は続けることが必要です。

 

 

・育毛剤とどう関係があるのか?

 

プロペシアは抗男性ホルモン作用として有効であると言われていますが、育毛剤と併用することでより効果が期待出来ます。
塗布するタイプのミノキシジルとプロペシアを併用することにより、どちらも国が認める育毛効果のある成分なので、ダブルで摂取することにより育毛効果を高めることが出来ます。医師の処方を受けてから使用を開始したほうが安全ですから、悩んでいる人は一度クリニックを受診しましょう。

 

 

プロペシアとミノキシジルは男性型脱毛症のガイドラインにおいて、推奨度Aに指定されています。
プロペシアは男性ホルモンに働きかける治療薬のため、性欲減退、勃起不全などの副作用が起こることもあります。
副作用が心配な場合、ノコギリヤシ配合のサプリメントなどをおすすめします。育毛剤とサプリメントがセットになったチャップアップなどが人気です。

更新履歴